Nose reshaping

鼻整形のダウンタイム

横顔

ダウンタイムというのは、大阪で鼻整形手術を受けてから元の生活に戻るまでの期間の事です。この期間は手術方法によって違うので、注意が必要です。プロテーゼ隆鼻術のダウンタイムは、個人差はあるもののだいたい1週間ぐらいが目安とされています。それまでにどのような感じで時が流れるのかというと、手術直後はギプスをつける事があるのですが、それを付けていたとしてもシャワーや洗髪は可能です。
3日ほどまでが腫れがピークとされており、飲酒や激しい運動は控えた方が良いとされています。そして1週間経つと、ギプスを外したり抜糸するために診察を受けます。目立つ腫れはこのくらいでだいたい引いて、内出血もほとんど消えるそうです。長い人は2週間ぐらいかかる場合があります。
ちなみにダウンタイム中の仕事や学校は、最低でも施術当日とその翌日は休みをもらった方が良いです。そしてあまり無理をするとダウンタイムが長引く事があります。鼻整形のダウンタイムを短くするコツは、大阪の医師からの注意事項をきちんと守る事、ギプスを勝手に外したり鼻整形した鼻に刺激を与えてしまったりしないのはもちろん、大阪で健康的な生活を送る事もダウンタイムを短くするコツです。
例えば、バランスの良い食事や睡眠を十分にとる事は傷の回復を早くします。

鼻整形のメリット、デメリット

大阪の鼻整形のメリットとしてはプロテーゼを挿入すると、鼻の高さが半永久的に維持できるといわれています。プロテーゼとは医療用素材のことで、シリコンなどの素材でできています。ヒアルロン酸などを体内に注入するとしばらくすると体に吸収されてしまうので、定期的に注入することが必要となりますが、シリコンなどの場合はそれがありません。大阪の鼻整形手術としては、隆鼻注入術というものがありますが、鼻を極端に高くするほどの効果はありません。その他に、自分の骨を移植する耳介軟骨手術というものがあります。シリコンなどに比べると耐久性が下がります。大阪で鼻筋がスッと整ったラインや耐久性を期待するのであれば、シリコンなどの挿入が最適な方法だと思います。
デメリットとしては半永久的とはいえ、維持のためにメンテナンスが必要になります。シリコンなどは、人体にとっては異物になるため、シリコンなどが体の中にあるとその異物を包み込んでしまい、被膜が作られてしまいます。それが時間がたつとともにカルシウムの沈着により石灰化することがあります。シリコンなどが変形したり、位置がずれてしまうことにもなります。その硬くなるのを防いだり、位置を代えたり、交換したりといった施術が定期的に必要となります。大阪の鼻整形でヒアルロン酸などを使う場合は、人体成分なので石灰化は起こらず、その心配はありません。

プロテーゼ挿入による鼻整形の特徴

プロテーゼ挿入による大阪の鼻整形手術の特徴としては次のような点が挙げられます。まず利点としては注入剤による施術のように一定期間で人体に吸収されてしまうことがないので、ほぼ半永久的に鼻の形を維持させることが出来ることです。
また注入術による隆鼻整形では鼻が高くなったことがはっきりと分からない結果になることが少なくないですが、プロテーゼによる隆鼻術の場合は、はっきりとスッと通った鼻筋のラインを作ることができるので、大阪での施術後の鼻の形が満足のいくものになります。一方で半永久的にその効果を維持することができる分、半永久的にメンテナンスを受け続けなければいけないという欠点があります。プロテーゼは基本的に人体にとって異物となるものであるため、体内では挿入された異物を細胞が包み込もうとする作用が起り、皮膜が形成されます。
そして時間が経つとカルシウムなどの成分がプロテーゼに沈着して石灰化する現象が起り、変形や位置のずれなどが生じる原因となってしまいます。そのため、プロテーゼが石灰化してしまうと、一度抜き取って新しいものに入れ替える施術が必要になります。その際には改めて大阪で鼻整形手術を受けなければいけないので、費用面や人体への負担などのリスクが伴うということも知っておいた方が良いでしょう。


鼻にコンプレックスを抱えている女性は多いようです。もしあなたも自分の鼻が気に入らないと感じているのなら、鼻整形が大阪でできるので検討してみてもいいでしょう。鼻を整形するだけで、あなたの印象は大きく変わりますので、雰囲気を変えたいならおすすめです。鼻の整形自体はそこまで高額な手術ではないので、気軽にクリニックで相談していただければと思います。